女優の年収まとめ 1位は綾瀬はるかでナント…

「数年前から、アサヒ芸能が独自の取材に基づき、女優の年収をはじき出している。
4年前の同誌の調査では、1位が、仲間由紀恵の推定1億5000万円。2位は、柴咲コウの1億4000万円。
同じような金額で、チェ・ジウ、松嶋菜々子、米倉涼子と続く。
ほか同年には、菅野美穂と長澤まさみも、1億2000万円超を稼ぎ、1億円プレーヤーとなりました」(芸能ライター)

なるほど、ドラマ『ごくせん』シリーズはどれもハズレなし。
結果CMの女王としても当時君臨していた仲間の活躍ぶりなら、トップというのも頷ける。

今年に入って、また同誌の女優年収ランキングを調査した記事が出た。結果は、

1位 綾瀬はるか 4億1000万円
2位 黒木メイサ 3億2000万円
3位 佐々木希 3億1000万円
4位 吉瀬美智子 2億9000万円
5位 杏 2億8000万円
6位 武井咲 2億6000万円
7位 フリーアナウンサーの高島彩 2億2000万円
8位 長澤まさみ 2億1800万円
9位 芦田愛菜 1億9000万円
10位 松嶋菜々子 1億4000万

「4億、という数字に驚かされるのですが、綾瀬がお茶の間で人気がある、ということの証でしょう。『JINN-仁-』を始めとした連続ドラマの安定した人気ぶりに加え、新・CM女王としてのギャラもおそらく数千万円。年収は妥当な金額です。リーマンショックのしわ寄せは、主に映画で活躍する女優さんに来ているのではないですか」(週刊誌編集者)

つまり、どういうこと?
「ギャラが高額だと噂のある女優F・Eから、それほどギャラが高額ではないと云われるT・U、Kといった名前まで、4年前の調査には名前が挙がっていた“映画女優”は見当たらなくなった気がする。そのぶん、綾瀬以下の、一本あたりのテレビドラマのギャラもいまのところ抑え気味ながらテレビでおなじみの“テレビ女優”達が、各企業のCMキャラの座も射止めて、いわば、ひとり勝ち、したということなのではないか」(同)

それならば、来年も年収調査があれば、台風の目は、松嶋菜々子だろうか。『家政婦のミタ』も低コストのドラマ制作だったと聞く。このハンデを、彼女の“笑顔”で乗り切って、最終回視聴率40%の大勝。さらなる収入アップは必至か。

◆リアルライブより

関連する記事