福山雅治がSMプレイ!「いくよ~、いくよ~」って

今年の4月のはじめごろのことでした。
福山さんが仕事関係者と思われる男女数名と現れたんです。
彼はVIPルームの一角に座って飲んでいたのですが、あまりにも自然だったので最初は気づかなかった。

このSMバーは20年以上続く老舗。上下階二つのフロアに分かれていて、下の階はカウンター席。
ここではボンテージファッションに身を包んだ女王さまやM女たちとの会話を楽しめる。
上の階は福山が目撃されたVIPルームになっており、SMショーを見たり、“実演”したりすることもできる、よりディープなエリアになっている。
「福山さんがいるとわかったのは、彼の声でした。背の高いイケメンが先端がバラバラになっている“バラ鞭”をおもむろに持ってきて、一緒に来ていた男性をステージに四つん這いにさせたんです。
それから『いくよ~、いくよ~』って低音のエロい声をかけながら、男性のお尻を鞭打っていました。その声で『福山雅治だ!』と気づいたんです。(同前)

2人とも服を着たままでプレイ。縛ったり吊るしたりまではエスカレートせず、福山はS男として、まだまだ“アマチュア”な感じだったという。
「お互い明るく笑いながらプレイしていたのが印象的でした(笑)」(同前)

◆週刊文春より

関連する記事